コラーゲンとプラセンタを摂取してダイエット

ダイエット

diet

食事量を極端に減らす、カロリー制限をして食事をする、太りそうな食材を摂取しないなどといった方法を行う人が多いですが、これは間違ったダイエット方法だと言われています。
ダイエットを正しくする方法というのは、規則正しく栄養の事を考えて食事をすることです。

偏った栄養を体に摂取してしまったり、栄養が不足してしまったりすると栄養失調だと体が察知してしまいます。
その為、摂取したカロリーを出来るだけ消費しないように生命の防衛本能が働くので、痩せるよりも太りやすい体質になります。

食事制限

seigen

ダイエットを行う際に、食事制限を行って体重を減量する人が多いと言われています。
しかし体に必要な栄養が不足していますので、体内にある胃腸の働きは鈍くなってしまい、飢餓状態だと体が錯覚してしまいます。
その結果、体にあるカロリーを消費させずに、そのまま栄養として全て吸収してしまいますし、不必要な脂肪を燃焼する働きも起こさないので太りやすい体質になってしまいます。

食事で摂取した食べ物は、体の中で消化・吸収・代謝の働きを行う時にエネルギーとして使われていますので本来であれば、体の中では大量のカロリーを消費します。
この働きを行うには、食事制限を行わずに栄養バランスを考えた食事を摂って、胃腸の働きを活発にすればカロリー消費ができますので、健康的にダイエットを行うことができます。

カロリー

calorie

カロリーのことを気にしてダイエットを行うことが多いですが、体に必要なカロリーを摂取しないと消化・吸収・代謝の働きを正常に行えません。
最近では、ノンカロリーやローカロリーの食品が売られていますが、このような食品ばかり摂取すると栄養不足になってしまいます。

栄養不足になりますと、ノンカロリーやローカロリーの食品はカロリーのない食材になりますので、体の中に熱を生み出さずに冷え込んでしまいます。
体が冷えてしまうと脂肪を蓄えようという働きを行うので、脂肪燃焼しにくい体になってしまいます。
ノンカロリーやローカロリーの食品ばかりを食べるだけでなく、栄養バランスを考えて一日に必要なカロリーを摂取した方が効率のいいダイエット方法になります。